生活情報

シドニーのカウントダウン花火鑑賞スポット4選!お勧めはクルーズ!

fireworks

大晦日といえば、世界の至る所で、特別な花火大会が開催されますよね。

シドニーでも、年末のカウントダウン花火は一大イベントになっています。

シドニー湾のウォターフロントで行われるオペラ・ハウス、ハーバー・ブリッジと花火のコントラストの美しさ、迫力の凄さから、世界TOP10の花火大会の1つとして世界でも広く知られています。

大規模で人気絶大な花火大会ですから、シドニー郊外だけではなく、世界中から花火を見に観光客が集まってきます。

その数は100万人以上とも言われており、どこもかしこも大混雑なため、花火を見る場所を押さえるのは至難の技です!

今回は、1年に1度しかないカウントダウンの時期にシドニーに訪れた方も、花火を思い切り楽しむ方法をお教えいたします。

 

シドニーのNew Year’s Eve Fireworksの魅力とは

fireworks

世界で1番早く新年を迎えるシドニー。

日本ではカウントダウン花火で知られている大晦日の花火ですが、シドニーではNew Year’s Eve Fireworksと呼ばれています。

本当に大きなイベントなので、どのテレビ局も大晦日から年明けまで、このカウントダウン花火を待つ観客や花火の様子を放映しています。

New Year’s Eveの花火は、メインのシドニー湾以外にも7箇所で花火が打ち上げられ、10万発という物凄い数の花火が打ち上げられるビッグイベントなため、シドニーに住む人たちもとても楽しみにしています。

このビッグイベントの中でも1番の見所は、沢山の打ち上げ花火とともに、ハーバー・ブリッジのアーチに仕掛けてある花火が一斉に上がるところでしょう。

また、ハーバー・ブリッジの下の部分からも、滝が流れるかのように、綺麗な花火が降り注ぐのが特徴です。

物凄い花火の音とともに、街中から花火に負けない程の歓声があがり、街中の人たちが周りの人たちとHappy New Year!と新年を祝い合う姿が素敵なイベントとなっています。

 

花火をみるなら家か野外のどちらがおすすめ?

fireworks

それほど人気の花火大会ですから、花火をみる為の場所を確保するのも一筋縄ではいきません。

まずは、どのような形で花火を見たいかを決めてから、座席を確保することをお勧めします。

大迫力の花火と雰囲気を感じるなら野外がおすすめ

fireworks

現地の雰囲気と花火の迫力を生で楽しむなら、野外で過ごすことをお勧めします

オーストラリアは南半球に位置しており、季節は日本と真逆となっているため、大晦日の12月はとても暖かく快適に過ごすことができます。

そのため、ピクニック感覚で折り畳みチェアを持ち寄り外で飲食をしながら、仲間たちと今年1年を振り返りつつ、楽しく食事をしながら花火を待つのも、とても素敵な思い出になりますよ。

また、外で見る花火の迫力は本当に凄く、感動すること間違いなしです。

また、年が明けた瞬間に、周りの友人や、その場に居合わせた人たちと、Happy New Year!とハグをしたり声をかけあうことで、笑顔で新たな1年のスタートをきることができますよ。

 

ゆったりと見るなら家で

fireworks

シドニーの一大イベントのNew Year’s Eve Fireworksでは、街中に花火を見るため人が集まるため、街は大混雑します。

人気のイベントのため、数日前から場所とりをしている人も多く、眺望の良い場所を確保するには多くの労力が必要となります。

感覚としては、日本の花見の為の場所取りが数日前から行われている感じですね。

家で見る場合は、テレビ1つあれば、花火が打ちあがる時間まで、一人でゆったり過ごすことも、友人と家で語らいながらゆったりとした時間を過ごすこともできます。

花火を外で見る場合は公共交通機関や、道路なども大混雑するため、花火を楽しんだ後に帰宅するのが一苦労ですが、家で見る場合はその心配もありません。

また、花火を楽しんだ後、直ぐに眠りにつくこともできるため、ゆっくり新年を迎えたい方は家で過ごすことをおすすめします。

 

お勧めの花火観賞スポットは?

fireworks

混雑するNew Year’s Eve Fireworksを最高の場所から見たい!

そんな方にお勧めの場所も今回は簡単にご紹介したいと思います。

ホテルからの景色は格別

fireworks

シドニーには、オペラ・ハウス、ハーバー・ブリッジが部屋から見えるホテルが沢山あります。

サーキュラー・キー周辺であれば、日本でも有名なFour Seasons Hotel、Shangri-La Hotelがありますし、他にも沢山のホテルがあります。

サーキュラー・キーだけではなく、反対側に位置するノースシドニーにあるホテルからも花火を見ることができますので、多くの選択肢があるのも嬉しいですね。

年末年始は予約が混み合い、宿泊料金もお高めになりますが、料金を気にしない方は早めにホテルを予約することをお勧めします。

混雑も気にせずに、ゆったりとホテルの部屋から花火を眺めることができますよ!

 

間近で花火を見るならヨットやボートで

fireworks

もし友人にヨットやボートを持っている人がいる場合は、是非ヨットやボートから花火を見てください!

実際にシドニーのNew Year’s Eveには沢山のヨットやボートがシドニー湾に待機しており、花火を間近に見ながら、飲食を楽しんでいます。

友人がヨットやボートを持っていなくても、運が良ければNew Year’s Eveクルーズに申込ができる場合もあります。

気になる方はツアー会社のホームページなどでNew Year’s Eveクルーズツアーがないか確認しておくことをお勧めします!

 

レストランのオープンテーブルや有料座席を予約

restaurant

ハーバー・ブリッジやオペラ・ハウスの見えるレストランの中には、New Year’s Eveのために座席を用意しているところもあります。

こちらは、座席に限りがあるため、かなり早い段階でお店に予約を入れておくことをお勧めします。

また、予約の際にはスペシャルチャージが発生するかも合わせて確認しておくといいでしょう。

また、New Year’s Eve Fireworksのための特設会場が用意されることもあります。

座席は有料となりますが、眺望の良い席を確保することができますので、事前に情報を収集されることをお勧めします。

 

無料で見れる穴場スポットを探してみよう

secret place

New Year’s Eveの花火を無料で見たいという方は、地元の人にお勧め穴場スポットを聞くといいでしょう。

無料の場所は大混雑する場所が多いですが、地元の人は案外隠れたスポットを知っていたりします。

早い時間から座席を確保しなくても絶景を見ることができる穴場のスポットもシドニーには数多く存在しますので、友人や地元の人たちに相談して情報を集めてみることもおすすめします!

自分だけのベストスポットを是非探してみてくださいね。

 

まとめ

fireworks

いかがでしたか?

シドニーに来たなら、南半球最大のイベント、New Year’s Eve Fireworksを待ちながら、ご家族や友人たちと楽しく1年を振り返ってみてください。

そして、美しいNew Year’s Eve Fireworksを見ながら、新たな1年をスタートさせてくださいね!

Sponsored Link