スポーツ

審判に批判も!格闘家、秋山成勲ヌルヌルクリーム事件!柔道界追放もローションが理由だった?

 

モデルのSHIHOさんを妻に持ち、娘のサランちゃんが韓国で有名になるなど、順風満帆な私生活を送っているように見える格闘家の秋山成勲さん。

しかし、彼の競技人生は常に問題だらけだったことは、ご存知の人は少ないのではないでしょうか?

秋山成勲が柔道家から格闘家に転身した理由は、柔道界を永久追放されたからとの噂が以前からありましたが、その理由はなんだったのでしょうか?

ヌルヌル事件が原因だと言われていますが、ヌルヌル事件とは何なのか、少し調べてみました!

 

秋山成勲のプロフィール

秋山成勲
本名  : 秋山成勲
生年月日: 1975年7月29日
出身地 : 大阪府 大阪市 生野区
身長  :   177㎝
体重  :   77㎏
階級  :   ウェルター級

家族   : 妻はモデルのSHIHO
       娘はチュ・サラン

 
男性総合格闘家で、柔道経験者(3段)である秋山成勲さん。
 
在日韓国人4世として大阪市で生まれ、父親の影響で3歳から柔道を始めました。
 
大学卒業後は、韓国へ帰国し市役所務めをしながら、韓国代表としてオリンピックを目指しました。
 
ですが、日本で生まれ育った秋山成勲さんへの差別は激しく、韓国代表として闘うことを諦め、2001年9月に日本へ戻り、日本国籍を取得して柔道でオリンピックを目指すことに。
 
2004年4月にアテネオリンピック代表の座を逃し、翌月5月には平成管財を退社し、7月には全日本柔道連盟の強化選手指定を辞退。
 
全日本柔道連盟の強化選手指定を辞退した、2004年7月にはフリーのプロ格闘家として活動を開始します。
 
2007年1月には、悪質な反則行為が認められ、無期限出場停止の処分を受けることに。
 
無期限出場停止となっていた秋山成勲さんですが、2007年10月1日、HERO’Sの記者会見が韓国で開かれ、出場停止処分の解除が発表されました。
 
2020年現在もプロ格闘家として活動されています。
 
 
 

秋山成勲が柔道界を追放された理由

秋山成勲
 
幼い頃から始め、オリンピック代表候補となるほどに強い実力を持っていた秋山成勲さんは、なぜ柔道界を去り、格闘家への道を進むことになったのでしょうか。
 
自らが選んで柔道界を去ったのではなく、柔道界から追放されたとの噂もありますが、一体何があったのか、詳しくみていこうと思います。
 

2度反則行為を指摘された

秋山
 
秋山成勲さんは、柔道で過去2度、反則行為を指摘されています。
 
 

世界柔道選手権大会

世界柔道選手権大会の日本代表決定戦となる全日本選抜柔道体重別選手権大会で決勝戦の対戦相手の中村兼三選手から
 
柔道着が滑る
 
 
と抗議されました。
 
 

世界柔道選手権

同年、2003年10月に行われた世界柔道選手権でも講義の声が。
 
2回戦の対戦相手フランスのセドリク・クラベリ選手、3回戦の対戦相手モンゴルのダムディンスレン・ニャムフー選手、準々決勝で対戦したトルコのイラクリ・ウズナゼ選手から
 
柔道着が滑る
 
 
と、抗議され、対戦相手国すべてが抗議するという異例の事態に発展
 
国際柔道連盟が確認したところ、大きな問題はないとされましたが、
 

疑われるようなことが問題

と、指摘した山下泰祐理事の指示で、準決勝からは柔道着が交換させられました

すると、柔道着を交換した途端に、準決勝で敗退。

敗者復活戦でも2連敗と、5位に転落

この後に行われた、オリンピック代表権をかけた全日本選抜柔道体重別選手権大会でも、準決勝で塘内将彦選手に敗れてしまいました。

結果的に、秋山成勲さんは柔道81kg級のアテネオリンピック代表になることはできませんでした。

対戦相手全てから滑ると抗議されたこの珍事件について秋山成勲さんは、2003年2月4日のフジテレビ『ジャンクスポーツ』で、

道着を滑りやすくして有利に試合を進めるために、母親が柔軟剤のハミングを使って洗っている

と弁解しています。

 

柔道界から事実上の追放

秋山

対戦した数人の選手から、柔道着にワックスを塗っているのではないかと指摘された秋山成勲さん。

また、世界選手権という大きな大会で反則行為を疑われたこともあり、これをきっかけに2004年の5月に秋山成勲さんは平成管財を退社しました。

7月には全日本柔道連盟の強化選手指定も辞退。

表面的には、辞退したとされていますが、実際には柔道界を追放されたのではないかともいわれています。

 

格闘家へ転身

秋山

柔道界から去った秋山成勲さんは、格闘家へと転身します。

2004年の大晦日には、『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』でフランソワ・ボタと対戦し勝利。

華々しい総合格闘技デビューを果たしました。

その後も、総合格闘家として、沢山の試合を行い、確実に『柔道家』ではなく、『格闘家』と名を残してきた秋山成勲さん。

そんな彼に、またしても問題が起こります。

格闘技でも”滑る疑惑”が勃発!

秋山

2006年の大晦日、『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』で桜庭和志選手と対戦。

試合が始まり、秋山成勲さんの体に触れた直後、桜庭和志選手は異変を感じ取り、タイムを要求。

残念ながら聞き入れてもらうことはできず、試合は続行。

試合中にも何度も桜庭和志選手は

滑るよ!

と、レフェリーに抗議していましたが、試合は最後まで中断されることはありませんでした

その結果、秋山成勲さんはパウンドでTKO勝ちとなり、桜庭和志選手は敗戦ということになってしまいました。

 

桜庭和志選手が猛抗議

動画でもわかるように、桜庭和志選手は、この試合結果に納得しておらず、猛抗議を始めます。
 
それもそのはず、試合中には幾度となくレフェリーに抗議したにも関わらず、試合が中断されることもなければ、秋山成勲さんの体が正確に調べられることもなかったからです。
 

試合直後には、秋山成勲さんは

僕が多汗症だから

と発言していたそう。

その後、詳しく調べられ、秋山成勲さんの悪質な反則行為が発覚しました。

2007年1月11日付けで試合結果はノーコンテスト扱いとなり、秋山成勲さんは『Fighting & Entertainment Group(FEG)』主宰の大会への無期限出場停止の処分を受けることになった秋山成勲さん。

2017年1月11日に行われた会見からもわかるように、試合前には体に何も塗布してはならないルールを破り、体に保湿剤(ローション)を塗っていたことを秋山成勲さんも認めていますね

この頃から、秋山成勲さんのことを『ヌル山』と呼ぶ人も増えたそうですよ。

 

まとめ

秋山

柔道時代は、柔道着に石鹸やワックスを。

格闘技時代は、体にローションを仕込んでいた秋山成勲さん。

彼が、ヌルヌルと言われる事件の真相が分かりましたね!

柔道をやっている時も、格闘をやっている時も、同じような不正をしてしまった秋山成勲さん。

今後は正々堂々と勝負してくれると期待しましょう!

Sponsored Link