グルメ

シドニー滞在中に日本食が恋しくなったら、ここに行こう!

海外に滞在していると、日本食が恋しくなったりしませんか?

昔は日本食がそれほど好きではないと思っていた私ですが、海外に滞在するようになってから、日本食が大好きだったことに気がつきました(笑)

失って初めて気づいたというやつですね。

日本食が食べたい!と思っても、海外ではそう簡単に日本の食材が手に入らなかったり、日本食のレストランに入っても、自分のイメージする日本の味とは違っていたりしますよね。

私自身、日本食レストランを何軒も周り、やっと見つけたおすすめのお店と、普段から買い物に行く日本食マーケットをご紹介したいと思います。

 

海外の日本食レストラン

sushi

海外ではなかなか見つけられない美味しい日本食レストラン。

海外でも日本食は有名で人気なんだから、日本食レストランなんて街を歩けばどこにでもあるでしょ?

そう思われる方も多いかもしれませんね。

確かに、シドニーの市内には日本食屋さんは沢山ありますし、巻き寿司(sushi roll)を売っているお店は山ほどあります。

食べてみると分かるのですが、味が日本のものとは全然違うんですよね。

 

日本食レストランは本当は少ない

japanese restaurant

日本食レストランは、確かに街中にあるのですが、日本で食べるものと味が全然違います。

その理由は、『日本食レストラン』という名前で日本人以外の方々がレストランを営んでいるからなんですね。

海外の日本食レストランの多くは、オーナーが中国人や韓国人であることが多いです。

そうなると、どうしても日本で食べる味とは違ってしまいますし、オーストラリア人向けに味を変えて料理を提供しているお店もあります。

本当にあの日本の味が食べたい時には、日本人がオーナーでしっかりと伝統の味を守っているようなお店を探し、足を運ばれることをおすすめします。

 

日本人の営む日本食レストランはお値段が高め

sashimi

日本人がオーナーの日本食レストランは、正直、結構いいお値段がします。

ですが、日本でも高級なお店はかなり高い料金設定になっていますよね。

そう考えれば、今回ご紹介するお店は比較的お手頃価格といえると思います。

オーストラリアは海に囲まれた国ではありますが、漁が日本のように盛んではありません。

そのため、魚の値段もかなり高く、新鮮な魚や私たちが食べ親しんでいる種類の魚や食材を手に入れることも簡単ではないので、料金が自然と高くなってしまうのも納得できますよね。

 

日本食食べるなら、Konakara Japanese Restaurant一択

japanese food

私は日本食を食べるなら、必ずといっていいほど、Konakaraに行きます。

ここはお値段ははりますが、本格的な日本食が食べられます。

サービスも素晴らしく、丁寧に接客してもらえるため、日本にいるかのような気分になれるので、日本が恋しい人には是非訪れていただきたいお店です。

 

オーナーの『和』へのこだわり

japan

こちらのお店は、日本人のご夫婦が経営されています。

毎日新鮮な食材を使い、調理法にもこだわりお食事を提供されています。

私が訪れたことのある日本食レストランで、日本の味を安心して楽しめるのは、ここのお店だけです。

食べるもの、飲むもの、全てが懐かしく、店内の調理風景も日本のレストランと何一つ変わりません。

日本でない場所で、これほど日本と変わりない料理を提供することがどれほど大変なことなのか、容易に想像できます。

その中でも、信念を貫き、『和』の『味』と『心』を大切に、行き届いた細やかなサービスと、美味しさが詰まった全ての料理に、感動を覚えます。

日本食を楽しんでもらいたいという、その思いが多くのお客様を虜にしているのも、納得ですね。

 

お洒落なSurryHillsにお店があります

fashionable town

お店はお洒落なSurry Hillsの一角にあります。

お店は水曜日〜日曜日に営業しており、月曜日と火曜日はお休みですので、営業日を確認して訪問されてくださいね。

 

日本の食材を購入するなら

ふとした瞬間に、日本食が食べたくなることも海外ではよくあります。

シドニーでも日本の食材は、日本食販売店に行けば、簡単になんでも手に入るので、とても助かっています。

シティに日本食販売店があるので、必要なものがあれば、シティに用事で出てきた際に購入することをお勧めします。

日本食品は日本の約3倍の値段

japanese food

日本からオーストラリアに日本食品を輸入しているため、お値段は日本の倍以上することを頭に入れておくと、買い物に行った時に驚くこともないでしょう。

日本で買うと100円前後のカップ麺も、シドニーでは、5ドル前後で売られています。

同じように全ての食材が高いので、日本に一時帰国する際、または留学前などに、必要な食材はもってくることをお勧めします。

ただし、オーストラリアは食品の持ち込みに関して厳しいルールがありますので、必ずルールを守るようにしてくださいね。

シティで食材を買うならMaruyuへ

シティで1番日本食が揃っているお店は、Maruyuです。

ここでは、冷凍ではありますが、さんまやサバといったシドニーではなかなか手に入らない魚も手に入れることができます。

また、たまに食べたくなるインスタント麺なども種類が豊富です。

その他にも日本の調味料や、麦茶、納豆、お菓子、日本のアイスクリームも販売しており、手に入らないものはないんじゃないか?

そう感じるほど、色んな商品が置いてあるので、日本の食べ物が恋しくなった際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

まとめ

japanese view

今回は、シドニーにいても日本を思い出せる、日本食レストランと日本食量販店をご紹介しました!

日本が恋しくなったら、美味しいものを食べて、元気を取り戻してくださいね!

 

Sponsored Link