生活情報

オーストラリアのBBQ事情をご紹介!公園やビーチBBQを楽しもう!

friends

 

日本食と言われると、どんな食べ物を連想しますか?

お寿司でしょうか、お刺身でしょうか。

日本には色んな美味しいものがありますよね!

では、オーストラリアでは、どんな食べ物が有名なのでしょうか?

オーストラリアの人たちに質問してみると、口々にBBQ!という答えが返ってきます。

本当にBBQをよくする国なんですよね。

今回は、そんなオーストラリアのBBQ事情についてご紹介します。

 

家でもBBQを楽しむのが、オージースタイル

BBQ

オーストラリアでは、本当に頻繁にBBQが行われます。

家でも、外でも、家族や友人たちとBBQを楽しみながら、笑いの絶えないゆったりとした時間を過ごすのが、オージースタイルです。

 

家にはBBQセットがある

BBQ at home

オーストラリア人の家に訪問すると、庭がある家には庭に、アパートの場合はバルコニーに、BBQマシンが置かれています。

日本でBBQというと、外でする印象が強いかと思いますが、オーストラリアでは、自分の家でも気軽にBBQを楽しみます。

 

週に1度はBBQ

BBQ

晩ご飯を何にするか迷った日は、BBQ。

それくらいの感覚で、オーストラリアの人たちは家で手軽にできる料理として、BBQを楽しんでいるんですね。

 

オーストラリアのBBQの内容は?

bbq

オーストラリアのBBQは一体どんなものなのか、気になる方もいると思うので、少しご紹介しようと思います。

メインはもちろん、オージービーフ!

MEAT

日本でも広く知られているオージービーフ。

もちろん、オーストラリアの人たちもよく食べます。

BBQでは、ステーキのような大きなオージービーフが鉄板の上に並びます。

その他にも日本でもBBQでよく食べるソーセージなども用意されることが多いです。

 

日本では珍しいラム肉も

 Lamb chops

日本では羊の肉は、ジンギスカンが有名ですよね。

オーストラリアでは、ラムチョップと呼ばれ、骨付きのままステーキ同様に鉄板の上に並べられているのをよく見ます。

スーパーでも沢山の種類のラム肉が売られており、日本のスーパーで販売されているラム肉よりも脂身が少なく、食べやすいのが特徴です。

 

カンガルーやクロコダイルの肉も

STEAK

自宅でのBBQで、食卓にでてくることはあまりありませんが、外でBBQする際には食べる機会もあるカンガルーやクロコダイルのお肉。

普通にスーパーのお肉コーナーで販売されているので、オーストラリアに行った際は、一度は食べておきたいですね。

 

お肉のお供は・・・パン!

BREAD

オーストラリアの人たちは、BBQで焼いたお肉をそのまま食べることは、基本的にありません。

焼いたお肉はパンに挟んで食べるスタイルなんですね。

パンに切り込みを入れ、間にお肉を挟んで、ケチャップやBBQソースをかけて食べるのが定番です。

BBQで野菜をやくこともあまりありませんが、玉ねぎや、マッシュルームは鉄板の上でよく炒めてお肉と一緒にパンに挟んで食べることはあります。

 

外でも手軽にBBQが楽しめる

PARK

日本でBBQをする際、準備が面倒に感じたことはありませんか?

BBQセットを持ち運んだりするのは少し手間がかかりますよね。

オーストラリアでは、市民が気軽にBBQを楽しめるような工夫が沢山されていて、準備もとても簡単です。

 

公園でもビーチでもBBQ

オーストラリアの多くの公園やビーチでは、BBQ設備が用意されています。

シティの中心部にある公園などにはBBQコンロはさすがに設置されていませんが、郊外では多くのBBQ設備を備えた公園があります。

シドニーでも、郊外の公園や、ビーチでBBQの設備をよく見かけることがあります。

シドニー近郊では、クージービーチでBBQを楽しむ人たちが多いように感じますね。

公園やビーチで設備を利用する際には、予約などもする必要はなく、無料で誰でも気軽にBBQコンロを利用できるようになっています。

 

事前準備は不要!BBQ食材は近くのスーパーで調達

SHOPPING

BBQができる公園やビーチの側には、徒歩圏内にスーパーがあることが多い為、事前に準備するものはありません。

友人たちと集まった後に、みんなでワイワイ楽しく歩いて買い出しに行くのが定番です。

 

BBQコンロは譲りあって利用する

sharing

誰もが無料で使えるBBQ設備。

本当に多くの人に利用されていて、時にはBBQコンロをシェアすることもあります。

BBQ設備はいくつかあるのですが、ビーチなどでは混雑することも多い為、スペースの半分を自分たちが使い、もう半分を他のグループが利用することもしばしば。

譲り合いの精神を忘れずに利用するようにしましょう。

また、他の人も利用できるように、20分〜30分程度でBBQを終えて、コンロを次の人に譲るように心がけるようにしてください。

 

使用後は綺麗にしておく

cleaning

BBQ設備を利用した後は、BBQコンロを掃除し綺麗にした状態で次の人に譲ってください。

買い出しの際に、鉄板にひく食用油や、クッキングシートを買っておくと、焼いたものがこびりつかないので、後片付けも簡単で、おすすめです。

 

まとめ

friends

今回は、オーストラリア人がこよなく愛するBBQについて、簡単にご紹介させていただきました!

友人たちと一緒に買い出しをしたり、BBQをしながら会話を楽しんだりしていると、自然と英語力も伸びていきますよ。

また、近くでBBQをしている他のグループの人たちと会話するチャンスもつくることができます。

机で学ぶだけが勉強ではありません。

せっかくオーストラリアに行くなら、BBQを楽しみながら英語を上達させていってくださいね!

Sponsored Link